School Blog

スクールブログ

テニスを始めて50年?vol.7

カテゴリ:スクールトピックス | 2021.01.21

自分は23歳の時、テニスユニバースの社員になった。

 

テニスユニバースが発足して2年目で、手掛けるスクールは5カ所、社員コーチは2人加わって7人だ。

 

テニスの世界に入ってしまったからには、アメリカに行ってテニスコーチの資格を取るか、テニスプレイヤーとして一流になるしかないと思い込んだ。

 

プレイヤーとして一流とは全日本に出場することだと思い、日本一になることを目標とした。

 

身近に全日本プレイヤーの直江校長がいたので、直江選手のマネをしていた。

ある程度はマネができたかと思うが、心技体全てにおいて一枚二枚、上手だった。

 

自分のテニスの「技」については、スピードボール、パワーボールの対応が弱かった。

 

「心」に関しては、大切な局面での気持ちの強さが足りなかった。

 

「体」は全般的に足りないが、特にパワー不足だった。

 

23才から3シーズンほどトーナメントに出たが、25才の時にヒザを痛め、選手としての情熱が少し冷めてしまった。

 

追伸

同僚のコーチが言った。

テニスが強い人は「足が速いか、球が速いか、頭の回転が速いかだ!」

う〜ん、なるほどなあ!と思った。

 

ただ、その三つを持っていなくても全日本30位代までいった選手を見たことがある。

それは、相手を自分のステージまで落として戦う方法だ。

 

ただしそれには、相手の速いボール、パワーボールをトップスピン、スライスでコントロールする技術が必要になる。

IMG_0012.jpg

中野サンプ8階アウトドア 外からの視線が気にならない 集中できる空間

TACサンプラザスポーツスペーステニススクール 疋田

https://www.tennisuniverse.co.jp/school/nakano/

TEL 03-3388-1175

 

テニスの特設サイトオープン!詳しくは↓をタップ♬

taiken.jpg

Information

関連情報

UTA
チームユニバース大阪
FACEBOOK