育成

トップページ   育成:ユニバーサルテニスアカデミー   アカデミーブログ   「軽くひじでつつく感じで」

アカデミーブログ

「軽くひじでつつく感じで」
カテゴリ:一般 | 2018.06.25

ユニバーサルテニスアカデミーの渋谷です。

本日のサーブスピードガンコンテスト№1難波選手(スタッフ)195km/h 彼はあとこれを確度と確率を上げる練習だけすればいいのになぁ〜と想いながら…

ac180625.jpg

ac1806251.jpg

 

 

「軽くひじでつつく感じで」

「人に『一歩踏み出す行動』をとらせようとする戦略」として、「軽くひじでつつく」というのがあります。

一歩踏み出させようとしたり、成果が出るような行動にさせるようにすることに対して『大きな変化』を求めるのでなく『ほとんど気づかないくらいにささやかな方法』で誘導することが効果的なのは日頃から選手と携わっているとわかってきます。どうしても即効性を求めたくなるので『大きな変化』を求めようとすると、得てして選手が身構えてしまったり、関係性が悪くなったり、口調が荒立たしくなってしまうものです。そんな失敗を繰り返しながら見つけた方法は、「軽いささやき作戦(問いかける)」というのがあります。「これ、もうちょっとやったら面白そうじゃない?」「あのワンプレイ今までの見たことなかったなぁ〜再現性が高まれば可能性出てくるんじゃない?」この「緩い感触」が思考停止状態にあった選手の脳を柔らかくし、次への一歩を踏み出すことにつながって行くのではと考えます。
選手が新しい行動を躊躇している時、なかなか行動習慣が変わらない時、「ガツン!っと一発」ではなく「軽くひじでつつく」手法も有効な時があるのではないでしょうか?

 

ac18062511.jpg

ユニバーサルテニスアカデミー 渋谷

http://www.tennisuniverse.co.jp/academy/

Page TOP