スクールブログ

『Tennis 』ヒストリア vol.7
カテゴリ:スクールトピックス | 2018.10.29

1921年(大正10年)、日本はデビスカップ戦に熊谷、清水、柏尾の三選手で参加したが、出場のための必要条件である国内統一団体を結成するため事後ではあったが、1922年、日本庭球協会が発足し、世界のテニスの仲間入りをした。
以後、日本のテニスはテニスクラブと学校を中心に発展していった。
1967年に日本で初めての民間のテニススクールが東京で開始された。
そしてその13年後、1980年にテニスユニバースは設立された。

追伸
1974年、浜松の男子は浜松湖東高校に入学し
硬式テニス部に入部した。2年の夏の大会では静岡県でダブルス2位、3年の春は、ダブルスで3ペアインターハイにいけるのだが、3位決定戦で敗れた。

yjimageACTAM2OO.jpg

つづく
サンプラのひきさん

TACサンプラザスポーツスペーステニススクール

http://www.tennisuniverse.co.jp/school/nakano/

Page TOP