テニススクール

スクールブログ

テニス肘バンドの正しい付け方
2019.09.16

テニス肘の方にとっては欠かせないテニス肘バンドですが、
正しく装着しないと効果が発揮されません。

生徒さんにもバンドを付けている方が何名かいらっしゃいますが、
たまに間違ってしまっている事も・・・!

今回はテニス肘バンドの正しい装着方法をお伝えいたします!

パッドを痛む場所から約4〜5センチ手首側に合わせ、
適度に圧迫して装着します。ポイントは圧迫を加える事です!
(説明書には4〜5センチと表記してありますが、個人的には2〜3センチでも良いと思います。)


パッド.png

腕.png

装着.png

圧迫する事で効果が発揮されますが、圧迫しすぎてシビれや痛みが出たり、
血行不良で腕の色が変わるほど締め付けないように注意です!

また、できればロングTシャツやウォームアップの下から着けるのがお勧めです(^^)
腕と洋服の間に隙間がないピチッとしたインナーでしたら、その上からでも良いと思います!

是非皆様が痛みの無いテニスライフを送れますように^^



コーチ・コンディショニングチーフ
佐藤 友則



 

セントラルスポーツテニススクール 住ノ江

http://www.tennisuniverse.co.jp/school/suminoe/

Page TOP