テニススクール

スクールブログ

テニス肘バンドの正しい付け方
カテゴリ:スクールトピックス | 2019.05.14

こんにちは!佐藤です!
テニス肘の方にとっては欠かせないテニス肘バンドですが、正しく装着しないと効果が発揮されません。私の生徒さんにもバンドを付けている方が何名かいらっしゃいますが、たまに間違ってしまっている事も^^;
今回はテニス肘バンドの正しい装着方法をお伝えいたします!

パッドを痛む場所から約4〜5センチ手首側に合わせ、適度に圧迫して装着します。ポイントは圧迫を加える事です!
(説明書には4〜5センチと表記してありますが、個人的には2〜3センチでも良いと思います。)

パッド.png

腕.png

装着.png

圧迫する事で効果が発揮されますが、圧迫しすぎてシビれや痛みが出たり、血行不良で腕の色が変わるほど締め付けないように注意です!

また、できればロングTシャツやウォームアップの下から着けるのがお勧めです(^^)
腕と洋服の間に隙間がないピチッとしたインナーでしたら、その上からでも良いと思います!

装着方法、とても大切ですので気になる方は佐藤まで是非ご相談下さい!

八王子ファミリーテニスカレッジ 佐藤

http://www.tennisuniverse.co.jp/school/hftc/

Page TOP