育成

トップページ   育成:ユニバーサルテニスアカデミー   アカデミーブログ   フラストレーションをプラスに置き換える

アカデミーブログ

フラストレーションをプラスに置き換える
カテゴリ:一般 | 2018.07.06

ユニバーサルテニスアカデミーの渋谷です。

比嘉コーチ、2018.7新横浜オープン優勝おめでとう!今後、より比嘉コーチとの情報共有や行動共有が、みんなの成果を促進させて行きます。ありがとね。

ac1807061111.jpg

ac18070611111.jpg

「フラストレーションをプラスに置き換える」

今日、皆に取り組んでもらった練習は、ボレーボレー(ローボレーバージョン)。シンプルに25往復ノーミスで続けるというもの。ノーマルバージョン&クロスダウンザラインバージョン。出来るまで止めない。

こんなのできる!と思って始めたものの、できない自分がそこにいる。また自分がミスしなくても、相手がミスをしてしまいラリーが途切れる。実にフラストレーションが溜まる練習。

すぐに、このドリルをやめる理由を探し始める。しかしテニスの試合はフラストレーションの連続。試合におけるやめる理由探しは負けに直結していく。必要なのは、「あらゆるフラストレーションをプラスに置き換える力」、これを「地味な練習をエキサイティングに行うことができる力」に置き換えてみる。この場面ではお互いに支え合い精度を上げて行きながらコンプリート。試合においては、その精度が相手のフラストレーションを生み出す。こんな地味な練習をエキサイティングに足がつるぐらいやってもいいのではと思う。地味な練習をコーチがはっぱをかけてやらせる。自分たちで声をかけながらやり抜く。この違いの先には大きな成果の差が生まれる。「コーチの役割は?」いつも考えさせられています。

ac180706.jpg

ac1807061.jpg

ac18070611.jpg

ac180706111.jpg

ユニバーサルテニスアカデミー 渋谷

夏の短期集中強化コース開催決定!詳しくは下記URLをクリック!

http://www.tennisuniverse.co.jp/academy/shortcourse.php

Page TOP